避妊の仕組みを解説する医者 トリキュラーは日本で一番使用されていると言われているほど有名な経口避妊薬です。
その成分はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの一種で、体内のホルモンの状態を操作することにより妊娠が起きにくくする作用があります。

人の生殖は、卵巣から出る卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類のホルモンと、脳から出る卵胞形成ホルモンと黄体形成ホルモンの2種類のホルモンによって制御されています。
最初に脳からでる2種類のホルモンが卵巣を刺激して、卵胞を発育させます。
それによってできた卵胞から卵胞ホルモンが分泌されて、脳から出た2種類のホルモンの分泌が更に活発になります。
これを繰り返し行い卵胞が発達することにより、最終的に排卵が起きます。
排卵の後に卵胞は黄体になり黄体ホルモンを分泌して子宮内膜を厚くすることにより、受精卵が着床できるようになります。

トリキュラーを服用すると、脳が体内の卵胞ホルモンと黄体ホルモンの濃度が高くなったと判断して、卵胞形成ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を停止します。
その結果、卵胞の発達も収まり排卵が起きなくなり、着床ができなくなります。

トリキュラーはドイツの有名な製薬会社であるバイエル社が開発して、それをザイダスカディラ社が委託で製造販売している低用量ピルです。
トリキュラーは避妊効果の高さや生理周期の調整など様々な範囲で使用することができて、日本でもとても人気があります。
他にも低用量ピルはありますが、トリキュラーがへの評価が一番高いのが日本での現状です。

トリキュラーの人気の秘訣は、避妊以外の目的でも服用することができる汎用性の高さにあります。
先ほど述べたような避妊効果や生理周期の調整の他にも、生理痛の緩和や月経症候群の改善など様々な生理の悩みを、トリキュラー1つで解消することができます。
また、トリキュラーを服用し続けることにより女性特有の病気である卵巣がんや子宮がんの予防にも繋がると報告もあります。
このように様々な面で活躍することができるというのが、トリキュラーの大きなメリットになります。

トリキュラーの副作用や注意事項について

避妊について注意事項を説明する医者 ピルを服用すると、どうしても副作用の症状が現れてしまうことを気にする人が多いです。
トリキュラーにも副作用があり、吐き気や頭痛、乳房の張りなどが出る可能性があります。
しかし、トリキュラーは低用量ピルなので従来のピルと比較すると副作用になる確率が低く、副作用の症状が軽いという特徴があります。
また、副作用はトリキュラーの服用を続けてくうちに身体が慣れてきて、次第に症状が現れなくなることがあります。
トリキュラーを服用すると血が固まりやすくなるので、血栓の病気などがある方は注意が必要になります。
毎日欠かさずに服用していくことで効果が現れるのがトリキュラーなので、飲み忘れのないようにきちんと服用してください。
そうすれば、利用者の期待に必ず応えてくれる頼れる薬になります。

トリキュラーの副作用の一つに不正出血があります。
不正出血はトリキュラーを服用し始めてから1週期~2週期に発症することがあり、低確率で血栓症を起こしてしまいます。
血栓症の発症はタバコの喫煙や年齢と深い関係があるとされているので、40代以上の女性はトリキュラーの服用前に医師と相談しましょう。

例えトリキュラーが非常に効果が高い低用量ピルであっても、100%避妊ができるわけではありません。
トリキュラーを服用しているという安心感から、コンドームなどの避妊具を使わない性行為をするのは大変危険です。
避妊具と併用して利用することを強く推奨します。
また、トリキュラーの飲み忘れによる避妊率は91%まで低下してしまいます。
それでも9割以上あると思うかもしれませんが、逆に対策してても1割の確率で妊娠してしまうと考えると、なかなか無視できる確率ではないことがわかります。
決められた用法容量を守って服用しないと期待される効果が十分に発揮されない可能性があるので、服用期間や服用量などしっかり守りましょう。

他の薬と併用する場合は医師に相談してみましょう。
また、長期間の服用によって乳がんのリスクが僅かに高まるケースがあるので、年に一回は乳がんの検査を行うことをおススメします。

トリキュラーを飲み忘れない方法

トリキュラー飲み忘れない方法を考えている女性 トリキュラーを正しく服用することは高い避妊効果を得られることに繋がりますが、服用するうえで大事なことは飲み忘れを無くすことです。
ピルという避妊に対する保険を入手することで、不安が軽減されてしまい飲み忘れが発生してしまう場合があります。
飲み忘れを防ぐために、トリキュラーを服用することを習慣化する必要があります。

主な習慣化の例として、毎日決まった時間に服用するというものがあります。
毎日必ずすることとセットで行うと考えていれば、忘れることは極端に減るはずです。
また、トリキュラーを服用するタイミングを決めておき、スマホなどのアラームを設定しておくというのも一つの手段です。
自分が一番忘れずに服用できるという方法を見つけて、飲み忘れを無くしていきましょう。

ページ上部へ戻る