• 2018.7.8

トリキュラーの服用に効果的なタイミングとは?

スマホで低用量ピルを調べている女性

トリキュラーはピル初心者でも使いやすく、服用し始めやすいとされている低用量ピルの一種です。
そんなトリキュラーの服用し始めるタイミングは、生理が始まったその日になります。
生理の初日にトリキュラーの服用を開始して、その後そのまま毎日服用を継続していきます。
可能であれば服用する時間帯を決めておくことをオススメします。
何故なら、トリキュラーは24時間以上服用の間隔が空いてしまうと、避妊効果が維持できない可能性があるからです。
なので、飲み忘れが起こらないように、一日の中でも十分に時間が取れるタイミングでの服用で継続力を高めていきましょう。

例えば、朝起きて朝食を取った後や、帰宅後などであれば比較的時間を確保することができるはずです。
トリキュラーは毎日継続的に飲み続けることで初めて効果が発揮されるので、これからトリキュラーなどの低用量ピルを服用する人は、この点を抑えておきましょう。
基本的に食前でも食後でもトリキュラーの効果が薄まることはないので、その辺りは気にせず服用をしても大丈夫です。

一点注意して欲しいのが、喫煙者がトリキュラーを服用する場合、血栓が詰まりやすくなるケースがあります タバコに含まれているニコチンが血管を収縮する作用があるので、トリキュラーの血が固まりやすくなる作用とかみ合ってしまい、正常な血の流れが滞ってしまいます。
血液が滞ってしまうと、手足の痺れや痛み、突発的な頭痛などの症状が現れてしまう場合があります。
トリキュラーは毎日服用しなければならない薬なので、喫煙者の女性は通常よりリスクが非常に高いです。

トリキュラーの医療関係者向けの解説では、35歳以上で一日に15本以上タバコを吸う女性にはトリキュラーを服用させてはならないということが明記されています。
このような症状を起こさないためにも、喫煙者の女性は細心の注意を払う必要があります。

関連記事
ページ上部へ戻る